涙やけを引き起こす原因を知ろう!

涙やけを引き起こす原因を知ろう!

 

そもそも涙やけはなぜ起こると思いますか?
目の周りが変色して、見た目も不潔な涙やけ。
犬の目の健康にも悪影響なんです。
涙やけ専用のクリーナーで目の周りを拭いてあげても、またしばらくすると涙やけになってしまっている。
堂々巡りですよね。
愛犬の涙やけをなんとかしたいのならば、まずは原因を知ることが大切です。

 

涙やけの原因 その1「生まれつき涙腺が細い」

涙やけは、涙腺という涙を流す器官が詰まってしまうことで起こります。
生まれつき涙腺が細い犬もいて、こうした犬は涙腺が詰まりやすく涙やけになりやすいのです。
これは先天的な問題なので、あまりにひどい場合は動物病院で獣医に相談してみましょう。
大がかりな治療だと、手術をして涙腺を広げるということも行われているそうです。

 

涙やけの原因 その2「消化に悪い食べ物」

多くの犬の涙やけの原因が、消化に悪い食べ物を食べていること。
なぜ消化に悪い食べ物を食べると涙やけになってしまうのかというと、消化仕切れなかった食べ物は体内に老廃物となります。
排出がスムーズにいけば老廃物は体内に蓄積されずに済むのですが、消化不良の場合の多くは、老廃物の排出もうまく行われていないのです。
こうして蓄積された老廃物が涙腺を詰まらせ、涙を溢れさせてしまいます。
これが涙やけの原因です。

 

 

生まれつき涙腺が細くても、消化の良い食べ物を与えることで涙やけが改善されることもあるそう。
もともと肉食動物であり犬にとって消化によい食べ物は、良質な動物性タンパク質です。
一般的なドッグフードは添加物がたくさん含まれているだけでなく、主原料が消化の悪い植物性タンパク質。
涙やけを起こしてしまうわけです。
そこでオススメしたいのが無添加ドッグフード。
添加物を一切含まず、主原料は動物性タンパク質です。
涙やけ対策の第一歩はドッグフードから。
愛犬の涙やけにお悩みなら、是非、無添加ドッグフードを手に取られてみることをおすすめします。

 

涙やけ対策のドッグフードの選び方に関する記事はこちら⇒涙やけを改善するドックフードの選び方