犬の涙やけは薬で治るの?

犬の涙やけは薬で治るの?

 

涙腺が短かったり細かったりする犬種に多い、涙やけ。
目の周りが変色してしまい、見た目に清潔感がなくなってしまうだけでなく、悪化すると病気の元になってしまいます。
そもそも涙やけは、涙を分泌させる涙腺が詰まってしまったり、目が常に刺激されていることで起こります。
涙が大量に溢れてきてしまうのです。
そんな涙やけを改善させるにはどのような方法があるのでしょうか?

 

涙やけは薬で治す

涙やけの治療方法は様々なものがあります。
点眼薬もそのひとつ。
目頭に目やにが溜まっていたりする涙嚢炎という症状が見られる場合は、菌を殺す抗生物質を含む点眼薬をさす治療法があるのです。
もちろん目の最近を殺してくれますから、治療期間中からその後しばらくは、涙やけはおさまります。
しかし、涙嚢炎は再発しますから、根本的な解決策にはならないのです。
他にも、涙腺の詰まりをなくす、涙小管洗浄という手術もありますが、涙腺が半永久的に詰まらない治療法ではないので、こちらも再発してしまう可能性があるのです。

 

無添加ドッグフードで涙やけ予防

高価な治療で涙やけを治すことももちろん良いのですが、もっと手軽に改善出来る方法があります。
それが、無添加ドッグフードへの切り替えです。
そもそも涙腺を詰まらせているのは、犬が消化吸収しきれなかった体内に溜まった老廃物。
この老廃物の原因となるのが、添加物です。
添加物は犬の体に害となる物質。
さらに消化不良を起こす原因にもなりますから、摂らないにこしたことはないのです。
そんな添加物を一切含まない無添加ドッグフードであれば、健康面でも安心。
涙やけ対策だけでなく、愛犬の健康維持も期待できます。

 

 

 

涙やけはもちろん薬で治りますが、その効果は一時的なもの。根本的に直したい場合は、ドッグフードを見直し、無添加ドッグフードに切り替えることをおすすめします。

 

↓↓↓↓↓↓↓

>>涙やけ対策おすすめのドッグフードを知りたい方はこちら♪<<