犬が涙やけかどうか確認するチェックポイント

犬が涙やけかどうか確認するチェックポイント

 

涙やけとは、目の周りが変色してしまう症状のこと。涙腺が詰まって涙が溢れてしまうことで引き起こされます。
これは、目の異常が原因である場合もあるのです。涙が異常なほど出てしまうのは、何かしら原因があります。
今回は、涙やけを引き起こすような目の異常があるかどうか、チェックポイントをまとめました。

 

チェックポイント1「目が充血していないか」

目が充血しているということは、なんらかの炎症が起こっている証拠。
炎症に反応して涙が大量に出されている可能性があります。
愛犬の目をしっかり観察し、充血がひどいようであれば、動物病院で獣医に診てもらいましょう。

 

チェックポイント2「目やにの量は多いか」

目やには、目に異物が入ったとき目やにとして排出されるものです。
この目やにが多いと言うことは、目に異物が入り込んでいる可能性があります。
この異物を流し出そうとして涙が異常に出されていることも考えられますから、目やにが多いときは涙やけになってしまう可能性があると考えるようにしましょう。

 

チェックポイント3「目をしょぼつかせているか」

目をしょぼつかせているとき、犬が目に違和感を感じているときです。
ゴミが入ってしまったのか、もしくは炎症が起こり痛みを感じているかっもしれません。
よく目を観察し、炎症が起きている場合は動物病院で獣医に相談しましょう。

 

 

涙腺が詰まっているかどうかは、パッと見てわかるものではありません。
それよりも、涙が異常に多く出されているときは要注意です。
こうした目の異常を感じ取ったら、まずは動物病院へ。
涙やけとわかったら、無添加ドッグフード涙腺の詰まりを改善するケアをオススメします。
無添加ですから安全ですし、消化に良い原料が使われています。
愛犬の健康を想うのであれば、是非、無添加ドッグフードを選ばれてみてはいかがでしょうか。

 

↓↓↓↓↓↓↓

涙やけ対策におすすめ!

>>無添加ドッグフード「カナガンドッグフード」の詳細はこちら♪<<